膣のゆるみは骨盤底筋の衰えが原因|婦人科で治療できます

ウーマン

骨盤底筋が鍵を握る

レディー

女性のデリケートゾーンの悩みの1つとして膣のゆるみというものがあります。お風呂からあがったときにお湯が出たり、くしゃみで尿漏れをしたり、夜中に何度もトイレへ行くという場合は膣がゆるんでいる可能性があるのです。一番ゆるみを確認しやすいのが尿をコントロールできているのかどうかという部分です。そのコントロールを行なうために使っている筋肉を骨盤底筋といい、それが弱まると膣がゆるんでしまうのです。この骨盤底筋がゆるむ大きな原因といわれているのが、出産や加齢、運動不足などです。なぜ、出産が原因になってしまうのかというと、出産の時に筋肉が引き伸ばされることがあるからです。妊娠をすると退治を支えるために筋肉に負荷がかかります。そして、出産をするときに負荷がかかっていた筋肉が伸びてしまうのです。伸びた筋肉が上手く収縮できずにいると膣のゆるみの原因となるのです。加齢や運動不足の場合は、筋力の低下によって骨盤底筋が弱くなってしまいゆるみに繋がります。この他にも肥満や出産など様々な理由で骨盤底筋が影響を受け弱くなってしまうのです。膣がゆるんでしまうと尿が我慢できなくなり尿漏れを起こしやすくなるでしょう。また、性交時に空気が入り音が出たり、お互い気持ちよさを味わえなくなったりしてしまいます。こういった悩みを抱えている場合は治療を行なうことのできる婦人科やクリニックで相談しましょう。婦人科やクリニックではいろいろな方法で膣のゆるみを改善することができるのです。

放っておくと子宮脱になる

目を閉じている女性

膣がゆるんでいるかもと感じている場合はそれを放置しないようにしましょう。膣のゆるみが酷くなると子宮脱という病気になってしまい、症状が重い場合は子宮の摘出を行なわなくてはいけないのです。

More Detail

注入して改善する

ウーマン

婦人科やクリニックではヒアルロン酸を注入して膣のゆるみを改善するという治療方法があります。ヒアルロン酸注入や脂肪注入をすることで、膣内に膨らみを出し狭くしてゆるみを改善するのです。

More Detail

レーザーや高周波を使う

悩む女性

膣のゆるみを改善する方法の1つにレーザーや高周波を用いるというものがあります。これらの方法なら患部にメスを入れることなく治療をすることができますし、一回の施術で大きな効果が期待できます。

More Detail